New Form

美しいシルエットの探求/MIYAKO GODO ミヤコ ゴウド/合渡 都

ごうど・みやこ●文化服装学院の服装科およびシャポー・アクセサリー科(現・ファッション工芸科)卒業。同学院などで講師を務めながら、帽子作家として企画展、舞台、ショー、CMなど多岐にわたり活躍。2009年、アトリエショップ「May Field」をオープン。多彩なフォルムの帽子が多くのファンを惹き付けてやまない。

Special Interview Movie

かぶっていると声をかけられる帽子

合渡さんのアトリエ「May Field」のドアを開けると、個性的なフォルムの帽子たちが出迎えてくれます。二つと同じものは生まれない、想いのままに作り上げられた表情豊かな帽子たち。「お客さまからは、私の帽子をかぶっていると、街でよく『それ、どこの帽子?』と聞かれると言われます」

そんな、帽子好きの心をくすぐるフォルムが誕生したのは、合渡さんの遊び心からでした。「フェルトに蒸気をあてて、伸ばしたりつまんだり頭にのせたりして素材と遊んでいるうちに、その時にしか出ない線や形が面白くて、それがオリジナルになっていきました」

デザイン画を描くと、描いたところ止まりになりがちなため、作りながらフォルムを仕上げていくという合渡さん。その時々の手の感触や、素材に対する正直な想いの中からフォルムができてくるのだそうです。「出来上がりは決まっていませんから、どんな帽子になるのか、作りながら私自身楽しんでいます」

そうして出来上がった帽子に映し出されているのは、間違いなく合渡さんの色であり、テイストなのでしょう。「私はバッグも作るのですが、まったく別の時に作ったものを並べてみても、まるでセットで作ったようになるのです。きっとそこに私が出ているからなんでしょうね」

世界に一つしかない存在感を放つ帽子を見て、「合渡さんの帽子は、(人と)かぶらない帽子ですね」と言った人がいたそうです。

帽子ひとつで自分を演出する楽しみ

オリジナリティあふれる帽子だけに、「私にはかぶりこなせないわ」と言われることも多いという合渡さん。そんな方に、イメージに合いそうなものを選んでかぶっていただくと、「あらっ!」と、皆さんの表情が鏡の中で輝く瞬間があるそうで、それが楽しいと言います。

一つの帽子でも、かぶる位置でマニッシュになったり、エレガントになったりと360度楽しめる合渡さんの帽子。また人それぞれ、いちばん似合う位置や角度があるそうですが、「この方にはこの位置でのかぶり方はどうだろうか・・・などと思っていたのが、かぶってみると見事にそれを裏切ってくださる方もいらして、逆にうれしくなります」と笑みがこぼれます。

気に入った帽子は長く愛用したいものですが、ヘアスタイルを変えたり、洋服の好みが変わってきたりすると、似合っていた帽子がしっくりこなくなることもあります。「でも、あるお客さまから、あなたの帽子はかぶる向きを少し変えると、また似合う感じにちゃんと出合えて、『私についてきてくれる帽子ですね』と言われました。とてもいい言葉をいただいたと思いました」と言います。

『ハットマニア』には、合渡さんならではの多彩な素材とフォルムの帽子を、普段使いのものから日常を少し離れた、遊びのあるようなものまで出展する予定です。「ちょっと自分には?と思っても、結構フィットするのが私の帽子です。見た目の印象によらず大丈夫とか、かぶってしまうとこなしやすいとか。見た目で判断せず、いろいろ頭にのせて自由に楽しんでいただけたらうれしいです」と、新たな出会いを心待ちにしている合渡さんです。

Special Interview Movie

PageTop